店主監修の飼育書です(^O^)
好評発売中!

メダカ生活はじめませんか

新品価格
¥1,458から
(2016/6/21 07:49時点)

随時会員募集中です!

日本メダカ協会 会員募集中!
当店は日本メダカ協会 協力加盟店です


宅急便コレクト

ある三色系統からのペア組み

こんばんは。
メダカ生産・販売の「めだか夢や」です。
今日はもの凄く寒かったのですが、陽射しは明るくハウスの中は意外と暖かいのです。
現在、めだか夢やのビニールハウス内は最低水温6℃~8℃程度、最高水温は12℃~13℃程度で推移しています。
あと1ヶ月ほどすると餌も食べて体もどんどん繁殖に向けて出来上がってきますので、これからが忙しくなります。
ですから、肝心の繁殖のスタート時に出遅れないようにと暖かい時間を狙って親選別に励んでいます。

昨日選別したのは三色の系統です。
2年前に観賞メダカ愛好会の会員さんから分譲していただいた系統です。
三色の系統は3系統維持していますが、今年は1系統追加して4系統が今年稼動していきます。
まずは今年の春先に選別した親画像。

これはオス、黄土色の色味が凄く気に入らなかったのですが三色の色味を作るための素材として我慢強く選別してました。

黒勝ちなところが見込みありと判断したのと、オスのわりに白地が綺麗に表現できそうな下地を持ってるのかなぁ~という理由で選んでいます。

 

そして、メス。
全くタイプの違った個体を選定しました。

ひと言で言えば琥珀透明鱗系三色の白地が綺麗に出たもの。
色味は典型的な琥珀透明鱗のそれ。
頭から後ろが色抜けしているのを親にして色抜け率のアップを図りました。

 

そして、そういった親から生まれてある程度選別されたもの。

去年の5月に仔を採って少しずつ選別して撥ねていたので容器には10匹ほどしかいない状態です。
まずは画像の2ペアを選定しました。
色味重視でこの2ペアになりましたが、私にとってはタイプが違う組み合わせの2ペアになりました。

 

タイプ違いをペアにするには目的があったほうが良いのですが、この場合のタイプの違いは互いの持ち味を殺し合ってしまう組み合わせだろうと考えました。
そして、今回も1ペアに絞ることになりました。。。(汗)

2cmほどのサイズですが生まれてから時間は経過しているので色はある程度上がっています。
黒模様の表現が比較的にハッキリしているところが今回の選別のポイントです。
オスは黒味が強いために地味に写り、メスは首元がすっきりしているせいで赤みが強く見えるのですが、画像を吟味すればわかるように持つ色味はそれほど変わりません。

 

そして、横見。
これはオスです。

色味はサイズ(2cm程度)のわりに悪くないですし、形も悪くないです。
尾鰭がもっと大きく開くと綺麗ですが、次世代では色味や柄の部分で揃ってくると思うので鰭の大きさや形などにも注視して選別できるのではないかと考えてます。

次はメス。

上からの表現が良いだけに横見は若干さびしい印象か。
色が背中全体に乗れば横見は良くなりますが、色が抜けて上見の表現が良くなる反面で全体の色乗りが物足りなくなるのが宿命かもしれません。
しかし、楽しみはこの1ペアから採れる仔なので来年の今頃にまた「うーん。。」と唸りながら悩もうと思います(笑)
ニヤニヤしながら悩めると良いんですけどねっ!

そして、別の個体で仮想ペアを。

両脇がメスで真ん中の色乗りが良いのがオスです。
2cm程度なんですが左側のメスの黒模様が抜群に良いのです。
色味といわれると色質は悪くないもののパンチに欠ける部分もあり親選定から漏れています。
右側のメスも同様に黒模様の良さが目に付いた個体です。
色抜けの遺伝も強そうですが前出のメスと同じ理由で漏れました。
真ん中のオスはメスの足りない部分を補うつもりで赤味の強い個体をあてています。

こういった個体がどういう結果を出すのか楽しみでもありますね。

選別に込める思いに裏付けがあれば狙ったような仔が出るでしょうし、込めた思いがその系統に対する思い入れにもなります。
愛好家としてそういった思い入れは非常に大切です。
今年の春からはそんな思い入れを持ってメダカを飼育してみませんか?


画像のオス1匹、メス2匹の仮想ペアを販売いたします。
横見の画像を撮り忘れてしまいましたので撮影でき次第アップしますが、体型選別済みですので安心してお買い求めください。

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    藤生 明寿 (木曜日, 30 1月 2014 18:47)

    馬場さん
    色々とお世話になっております。
    この様な3色メダカを探しておりました。
    すごく綺麗で魅力のある個体ですね。
    早くこの様な3色を手にしたい物です。

  • #2

    めだか夢や (金曜日, 31 1月 2014 21:21)

    藤生さん、コメントいただきありがとうございます。
    こういうのが好みですか?
    私の飼育環境では黒味が強いのですが、水槽飼育では意外とスッキリ見せてしまうかもしれませんね。
    作りの段階では少し重苦しいほうが水槽などで飼育する場合に赤さが引き立つのかもしれません。
    三色は去年の秋生まれのが多いのでもう少ししたらいくつかの系統を見比べながら選ぶことも可能です。
    水槽のことも含めてもう少しお待ちくださいね。